写メをもらうときのテクニック

写メをもらうときのテクニック

出会い系サイトに限らず、メル友やSNSなどのコミュニケーションサイトで知り合った異性との付き合いは、この「写メ交換」でひとつのクライマックスを迎えます。

ここをクリアできれば、実際に会うということもぐっと現実味を帯びてくるという大事なイベント。

自分の写真が相手にとって想像をはるかに下回ってしまっていたら、会うどころかメールの存続も危うくなります。

もちろん、こちらにしたって思い描いていた容姿とかけ離れていたらメールする意欲も無くなっちゃいますけどね。

というわけで、互いに「奇跡の1枚」を撮るためにしばらくは苦労することになります。

いざというときに慌てないように、前もって準備している人も多いかな?

目次

写メ交換のタイミング

前にも書きましたが、サイトのプロフィールに出ている写真はほぼあてになりません。

というより、もろに顔が出ているのはサクラと思った方がいいでしょう。

写真はネットから適当に抜いたやつです。

本物は、プロフィール写真を出していたとしてもそう簡単には特定されないような写真を使うはず。

ほとんどはアバターなどでしょうね。

そうなると、メールを続けていくうちに自分勝手に相手の容姿をイメージしてしまいます。

これを現実に近いものとして受け取れるのが写メなのですから、焦らずじっくりと作戦を練りたいものです。

メールの最初から「写メ見せてよー」とか言ったって、くれるわけもありません。

まず相手に安心感を見せなければね。

というわけで、写メの交換を持ちかけるのはそれなりの数のメールをこなしてから、ということになります。
メールでお互いの気心がある程度わかってくれば、多少のビジュアル的なマイナスポイントはスルー出来ます。

どうやって持ちかけるか

とりあえず、写メを送るのは男性からとなるのが基本でしょう。

それも唐突ではなく、「今日、こういうところに行ってきたんだ」とか、「こういうシャツを買ったんだけど、どうかなぁ」というふうに、【自分の姿はついでに写ってます】くらいのあっさり感で送ってみると違和感もありません。

で、そのあとで「さっきの写真で僕の雰囲気はわかってもらえましたか?」とフォローメールを送ってみましょう。

いい感じの返事が来たら、「僕もそういう感じの写メが欲しいなぁ…」とねだってみると…これが意外と上手くいくんです。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる