寂しがりやな女性が多い

寂しがりやな女性が多い

出会い系やコミュニケーションサイトに登録している女性は、基本的に寂しがりやさんです。

心を満たしてくれる存在を求めていることが多いのだと思います。

まぁ、寂しがりやが高じてメンヘラ気味な「かまってちゃん」になってしまうと少々困った存在となるのですが…そういう人はメールしているうちにわかりますので、早めに排除しておかないと面倒くさいことになります。

手首切った写メとか送ってこられると怖いもん(実話)。

出会い系やコミュニケーションサイトでは、その寂しさを埋めるための存在であることをうまくアピールすること。

それが出来れば、実際に会うまで至る率は上がっていくものなのです。

目次

寂しさにつけこむ

つけこむという言い方は非常に悪いですが、メールを続けていくうちに家庭や職場、学校などの環境についての愚痴なども出てくるでしょう。

そこでどうフォロー出来るかで、そのあとの付き合い方が決まってきます。

「この人は私の気持ちをわかってくれる」とか「この人とメールしてると寂しさが紛れる」と思わせることが重要。

そして、精神的な支えにもなりうる存在だと思ってくれれば、もうデートは間近です。

ただし、これはあくまでも相手がそう思うように持っていかなければなりません。

自分から「寂しいんだろ、僕が相手になってあげるから」などという態度をもろに出しては逆効果です。

また、体調が悪そうなときに本気で心配してあげることも大事なこと。

特に既婚女性などは、よほどのことでもなければ家族もそんなに心配してくれません。

そこで心底気遣う姿勢を見せればぐっと気持ちも動きます。

いつもは1人で体調悪いのを我慢しているのに、ここに自分を心配してくれる人がいる…その思いはやがて熱く燃え上がっていくはず。

1人の女性として尊重する

考え方やその時々の気持ちの動き、それをあまり大げさにならない程度に尊重してあげると、人の気持ちはこちらに寄ってきます。

これはもちろん現実の世界でも大事なことなのですが、文字だけで構成されるネットの世界では何よりも重要なことなのです。

出合うためのテクニックではなく、自然に出来るようになればなおいいですね。

さらにそれが一方的なものでなく、互いにそうやって思いやれる相手と巡り会えたなら…最高の出会いを果たしたといっていいのではないでしょうか。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる