土地売却恩ときにかかる仲介手数料と削減方法

土地売却恩ときにかかる仲介手数料と削減方法

土地売却を行うときの一般的な方法は不動産会社に土地を売りたいということを伝えて仲介を行ってもらうというものでしょう。

媒介契約を結ぶことによって買主を探してもらい、見つけて売買契約を締結させてくれたことに対する成果報酬として支払うのが仲介手数料です。

土地売却を行う際にかかる諸費用の中でも大きな割合を占めることが多いため、何とかして削減したいと考えることもあるでしょう。

そもそも仲介手数料は必ずしも払わなければならないものではなく、不動産会社が請求する権利を持っているものです。

不動産会社にとっては土地売買の仲介を行う中で唯一の収入となるものなのでできるだけ大きな金額にしたいと考えるのが当然でしょう。それが必要以上に大きなものになって土地の取引をする人の負担になりぐしないように法律上では上限額が定められていて、一般的には簡易計算式と呼ばれる計算式を利用して算出します。

取引金額の3%に6万円を加えたものというのが基本であり、取引金額が400万円を超える場合には法律で定められている上限額に相当する金額になるのが特徴です。

もし土地売却を行う際に仲介手数料を減らしたいと考えたら、不動産会社に交渉してみると引き下げを行ってくれる可能性があります。

お金の工面の都合で出せないということを訴えかけたり、一連の手続きの中で生じたサービスの不備を指摘したりして交渉すると効果がある場合もあるでしょう。

一方、不動産会社の中には最初から売主の支払う仲介手数料を無料や定額としている不動産会社もあるので利用する価値があります。

仲介手数料は買主からも徴収できるものなので、仲介手数料無料という場合には買主から収入を得ているので不動産会社が無報酬で働いているわけではないので心配も不要でしょう。

ただし、収入が減ってしまいやすいのは確かであり、宣伝広告のための人件費を削減している場合もあるので注意が必要です。

別の考え方として仲介を受けずに土地売却を行うという選択肢もあります。

不動産会社に買取をしてもらうことにより仲介ではなく直接の売買になるので仲介手数料は発生しなくなるでしょう。

また、自分で買主を探して直接取引で土地売却を行うことも可能です。

手続きが大変になることは否めませんが、互いに仲介手数料がかからない状況になるので喜んで承諾してくれる人もいます。

特に親戚や友人などに土地が欲しいという人がいる場合には良い選択肢です。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる